ドッグフードで健康に!グレインフリーの効果とは?

要チェック!そのフードに含まれている 恐ろしい原材料!

タイトルの通りなんですが一度チェックしてみてください。

 

あまりに安いフードや、粗悪なフードに多く含まれています。
中には、プレミアムフードとよばれるもののなかにも含まれていることも
あるので注意してみてくださいね。
コーション

○○ミール ○○副産物

この○○に中には、ビーフ、チキン、フィッシュ等が入ります。例えばチキンを例にとってみると、単純にチキンと記載されている場合は、誰もが想像する鶏肉そのものですが、そこにミールという文字がついただけで、内容は大きく変わります。 これら○○ミールは、人間が食べられないような肉であったり、内臓、爪、骨、トサカ、羽、等の部位も一緒に粉砕、加工、されている可能性が高いです。 さらに、4Dミート(dead,死骸、diseased,病気の、dying,死にかけ、disabied,障害のある)が使用されている恐れすらあります。これらが、ただの都市伝説的なものならば、どうして、各メーカーは強く否定しないのでしょうか?

トウモロコシ、コーン

これも、私たち飼い主からすれば、あの黄色い粒々を想像しますが、皮やひげ、さらに、芯の部分まで含まれていることも多いです。さらにコーンはアレルギーの原因になることも多いです。では、そんな物がなぜ多くのフードに含まれているのでしょうか?答えは簡単!ただの、安価なかさ増しですね。
BHA,BHT,エトキシキン 酸化防止剤です、どれも発がん性を指摘されています。 非常に危険な添加物です。(ここでは、説明が科学的で長くなるため割愛しますが危険と言うことを覚えていてください。)
キシリトール ローカロリーの人工甘味料ですね。これは、人間にとっては無害ですが、犬にとっては大変危険です。腎不全の恐れがあります。絶対禁止!
ビートパルプ サトウダイコンから糖分を搾り取った残りかす。残っている糖分の甘みで食いつきをよくする効果とかさ増しが目的だと思われます。栄養はほぼ無し!
プロピレングリコール 防腐剤、防湿剤人間用にも広く使われていますが、制限がきちんとされています。腸の病気やアレルギーの原因になります。
ソルビン酸カリウム

合成保存料ですね。肉の保存や発色に使用される亜硝酸ナトリウムと一緒に
使用されると反応して発がん性物質を発生させる恐れがあります。

ざっと挙げただけでもこんなものが普通に使われています、人間の食事であれば考えられないことですよね。
こういう原材料に対して人間でも食べられるレベルの原材料をヒューマングレードと言います。
種類は少なくなってきますが、なるべくヒューマングレードのドッグフードを選んであげたいですよね。
長年与えつづけると、健康であったり寿命であったりなんらかの違いが出てくると思います。
少しでも長く健康な状態のワンちゃんと暮らせるように早いうちから気を付けてあげたいですね。

 

あっ!ちなみにですが、原材料の表記は含有量の多い物からかかれていますので
参考にしてくださいね。