ドッグフードで健康に!グレインフリーの効果とは?

ワンちゃんを飼い始めたらまずは、 ドッグフード選びを考えよう!

我が家に新しいワンちゃんを迎え入れる時は、本当に嬉しいものですね。それが、初めての
ワンちゃんでしたら、より一層嬉しいでしょうね。

 

ゲージはどんなものにしようか、こんなクッションもいるかな、お皿はどれがいいか、などなどワンちゃんが実際に使っている姿を想像して色々なものを選んだり、楽しいですよね。私も経験していることなので、お気持ちはよくわかります。

 

でも、少し落ち着いてください(笑)そんな時にドッグフードで、悩む人ってそんなに居ないのではないでしょうか?
ペットショップですすめられた、フードをそのまま選んではいないでしょうか?

 

仔犬

ドッグフードは慎重によく考えて選びましょう。

ドッグフードに目を向けるとものすごい種類のフードがありますよね。
たとえば、あなたがホームセンターやペットショップに行きます、そこには
陳列棚にぎっしりと、ドッグフードがならんでいます。
仔犬用から成犬用、そして老犬用まで、さらには、犬種別フードなんていうのも
ラインナップされています。
ペットショップ
さらに、無添加や安全にこだわっているフードなんかの場合、必要以上の保存料は、
使わないために、消費期限が短く、ネットでしか買えない物もあります。
それらの、フードからワンちゃんに合うフードを見つけるのは、なかなか大変ですよね。

 

だけど、ワンちゃんの為に少し勉強をすれば、良いフードの選び方がわかってくる前に
選んではいけない、危険なフードがわかってくると思います。

 

はいっ!これで大半の市販フードが選択肢から消えましたね(汗)

 

フード選びを考え出すと色々調べたり、悩んだりすると思いますが、
できるだけ早い時期からフードを固定してあげた方が良いと思うので、
がんばって選んであげましょうね!

なぜ、最初にフード選びが大事なの?

ではなぜ、最初にフードを選ぶことが大事なのでしょうか?
理由はいくつか考えられますが、順番に説明していきますね。

 

その1
アレルギーの元になりそうな、原材料は最初から与えない!
そうすることによって、もしそれでも何らかのアレルギー症状が出たときに、
ワンちゃんのアレルギーの原因を特定しやすくなります。

 

その2
自分なりに調べて、納得のいくフードを与える!
これが出来ていないと、ワンちゃんがフードを食べなかったりすると、
フードが悪いと思い込み、またフードを選びなおして、悪循環に
はまっていきます。フードジプシーになっちゃいますよ(汗)

 

その3
病院にかかるときに普段の食事など説明がしやすい。
ワンちゃんがの様子がおかしくて、病院のお世話になるようなときも、
先生は普段の食べ物を聞いてくることがよくあります。
そんな時にフードが定まっていないと原因の特定が難しくなったりしてきますよね、
一方、決められたフードだけを与えている場合は、商品名だけわかっていれば、
ちょっと調べればすべてわかりますよね。

 

その4
与えているフードを変えるのはワンちゃんにとってストレスの原因にもなる!
最初に適当なフードを選んでしまい、後からフードを変える場合は、
今のフードに新しいフードを少しずつ混ぜながら一週間ほどかけて変えましょう。
などと、よく聞く話ですが、そうしないとワンちゃんの胃腸にふたんがかかってしまい、
お腹がゆるくなったりしてしまうことがあるからです。
飼い主は何気なくフードを変えているかもしれませんが、
実はワンちゃんにとってはストレスの原因にもなる行為なんですね!

 

まとめとして

フードを最初に決めてしまうことにはたくさんのメリットがある反面、
フードをころころと変えることには、それほどメリットはなく、むしろ
デメリットの方が多いと私は考えます。

 

のちのち後悔しないためにも、フードは早い段階から、
固定してしまうことをオススメします。

犬とフード